HARVEST MARKET staff's voice & news

GRATEFUL DEAD , GRATEFUL DEAD BEAN BEAR , GONESH , MISTICKS , MOODSTAR 取扱店舗

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Grateful Dead 50th Anniversary Final Concert “FARE THEE WELL”

gd50th_santaclara

いつもハーベストマーケットをご利用頂きましてありがとうございます。


グレイトフルデッドが結成50周年を記念して再結成!
アメリカでファイナルコンサートを行います!!

6/27・28  2days :USA サンタクラーラ, リーバイススタジアム
7/3・4・5 3days :USA シカゴ, ソルジャー・フィールド


シカゴのソルジャー・フィールドは1995年7月9日にグレイトフルデッドとして最後のコンサートをした場所だ。

ソルジャーフィールドチケットは今年1月20日、メールオーダーで発売された。
スティンソンビーチにあるGDTSTOOには60,000通の封筒が届き、
350,000枚のチケットリクエストが来た。
メールオーダーは昔から封筒にイラストを描くと当たりやすいという噂があり、当然の事ながらたくさんのイラスト入りの封筒が届いた。
1日分のチケットは約7140円~約23940円(59.50ドル~199.50ドル)で、
1日7万枚、3日間で21万枚が即日完売した(1$120円換算)。

アメリカの興行界にスタブハブ(Stubhub)という会社がある。チケットの2次流通会社(ダフ屋)だ。
この会社を通じて、チケットを買ったが売りたい人達、又は買いたい人達は売買をする。オークションだ。
一次流通(メールオーダー)でチケットが販売されて完売する。その直後に二次流通で出回るチケットは高値が付きやすい。その後、時間の経過とともに価格が下がっていき、需要があれば公演日に近づくにつれて上がり、需要がなければ下がり続けていく。

米スタブハブでグレイトフルデッドの3日間通しのチケットに幾らの値が付いたか。

音楽業界誌ビルボードによると、11万6千ドル(日本円で1392万円)から1350ドル(16.2万円)だったという。グレイトフルデッドの信者であるデッドヘッズにとっては最後の儀式(ライブ)。幾らでも払うのかも知れない。

グループは1965年、ベトナム戦争の反対運動で、ヒッピー達によるフラワームーブメントが巻き起こるサンフランシスコで結成された。
正確には現在IT産業で栄えるシリコンバレーの北のパロ・アルトだ。
サウンドはロックやフォークやジャズやカントリーが混じるもので、即興演奏を
得意とするサイケデリックサウンドと呼ばれた。
1967年、アルバム「ザ・グレイトフル・デッド」でデビューした。

当時からすると彼等の活動はあまりにも異質で、シングルをヒットさせるわけでもなく、アルバムはあまり売れず、しかしコンサートはいつも満員だった。(デッドとしてはコンサートチケットが主な収入源だった。)そして最も奇異なのは、観客にカセットで演奏の録音を認めた事だ。
観客は他のデッドのコンサートを録音した友達とテープ交換をする。コンサート会場には必ずテーパーズセクションといわれるシートも用意されていてプロ顔負けの機材でコンサートを完璧に録音している。
デッドの場合即興演奏(アドリブ)が長いので、コンサートが異なれば演奏も異なる。3日間の同じ場所でのコンサートでも全く違うコンサートのようだ。
そしてファンは意見交換をしながらますますデッドにのめり込む。そしてデッドヘッズのコミュニティーがどんどん大きくなり不思議なファン層が出来上がった。

グレイトフルデッドのリーダー、ジェリーガルシアが1995年8月9日にこの世を去ってバンドは解散。
あれから早や20年が経つ。今なおデッドヘッズ(ファンの呼び名)達に長く深く愛され続けるバンドの節目の年。

サンタクラーラでの2日間、シカゴでの3日間の再結成コンサートには
オリジナルメンバーの

ボブ・ウェア(ギター、ボーカル)
フィル・レッシュ(ベース、ボーカル)
ミッキー・ハート(ドラムス)
ビル・クルーツマン(ドラムス)に加え、
バンド「フィッシュ」からトレイ・アナスタシオ(ギター)、
アフターデッドの数々のバンドに参加した、ジェフ・チメンティ(キーボード)と
1990年7月26日にブレントミッドランドが亡くなった後、一時期活動をとも
にしていたブルース・ホーンズビー(ピアノ)が参加する。

グレイトフルデッドの魅力を再度見つめ直し、伝えて行くプロセスにハッピーやミラクルが起こりだします。
デッドは生き続けています。

グレイトフルデッドのカルチャーを未来に繋げる旅はここから始まる。


What a long strange trip it's been!

gd50th_top

HARVEST MARKET ONLINE SHOP
http://www.marissa-world.com/SHOP/g147308/list.html

HARVEST MARKET 楽天市場店
http://item.rakuten.co.jp/harvestmarket/c/0000000297/


GRATEFUL DEAD OFFICIAL STORE
HARVEST MARKET (ハーベストマーケット)

| NEWS | 16:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。